ヒトプラセンタの安全性について

ヒトプラセンタ

最も馴染み深いヒトプラセンタ
日本国内でサプリメントや化粧品などに使われるプラセンタは、たくさんの豚由来のものか馬由来のものです。そのほかにもう1つ、忘れてはならない種類のプラセンタもあります。それは、ヒト由来のプラセンタです。人間も、妊娠の際に胎盤が形成される哺乳類です。他の動物のように出産後に胎盤を食べる習慣こそありませんが、含まれている栄養は同じぐらい豊富です。人間の胎盤というのは誰もが産まれるまでにお世話になってきたものですから、最も馴染み深いプラセンタでしょう。

ヒトプラセンタにある成長因子も人々のためのものですから、細胞の新陳代謝を活性化させて若返りを目指すには、最適のプラセンタだと言えます。ヒトプラセンタは薬事法で化粧品や食品への使用が禁止されているため、日本では気軽に手に入れることはできません。ただし医薬品としては処方されていますので、医療機関では皮下注射の形で摂取することが可能です。

ヒトプラセンタの安全性
化粧品やサプリメントで利用されるプラセンタは、たくさんの豚や馬などの哺乳類動物の胎盤から、作られます。この場合も、動物からの感染症が心配になりますよね。動物が育った環境、胎盤を採取する環境、プラセンタの抽出法・製造過程などは、プラセンタの品質に大きく影響するポイントになります。どのような衛生環境で飼育された動物か、採取した後の胎盤からどのような方法で抽出したのか、それによってプラセンタのもつ成分の有効性は違ってきます。

しかし、これらは各メーカーによって、現状が相違です。きちんとしたメーカーのプラセンタであれば、成分となる動物は衛生管理が徹底されている健康なものを採用し、その胎盤もウィルスや細菌などを熱処理することで死滅させているといわれます。また、胎盤中の血液やホルモンも製造過程で除去されています。

ヒトプラセンタは違法か?
ヒトプラセンタのサプリメントを、商用目標で製造や販売することは、日本では確認されていません。ただし、個人用に購入して使うことは、禁止されていません。日本においてヒトプラセンタは、お医者さんの判断で処方される「処方せん薬」として国から指定を受けて、薬事法のお墨付き(承認)をもらった「お薬」です。だから、サプリメントや健康食品、化粧品といった薬以外のものにヒトプラセンタは使えませんし、使った時点でそれはサプリや化粧品ではなく「薬」とみなされます。

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス